― 彼女の言葉 ―

そう笑った彼女の言葉は、いつだって偽物の香りがした

inserted by FC2 system